ピロリ菌の事実!!|鶴見東口やはらクリニック|鶴見区の消化器内科・内視鏡専門医

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-19-4 メディカルプラザD鶴見 2F
TEL045-642-3710
ヘッダー画像

医療コラム

ピロリ菌の事実!!|鶴見東口やはらクリニック|鶴見区の消化器内科・内視鏡専門医

ピロリ菌の事実!!

  • なぜ、ピロリ菌の除菌が必要なのか?

ご存知でしょうか?

日本人の胃癌の96-99%は、ピロリ菌が陽性の方に発生しています。

ピロリ菌陽性の方がピロリ菌を放置した場合、約17%の人が胃癌に罹患すると言われています。

ピロリ菌を除菌することで胃癌発症のリスクは半分にまで減少させる事が出来ます。

除菌しない理由がありません!

 

  • ピロリ菌の有無を調べる方法

・血清ヘリコバクター・ピロリ抗体検査 (血液検査)

・尿素呼気テスト  (一般的に除菌後の判定に行う)

・迅速ウレアーゼ・テスト (内視鏡時に組織を採取する)

・便中ピロリ抗原検査  (ご自身で便から検体を採取する)

 

それぞれの検査にメリット・デメリットはありますが

胃カメラをして、胃炎を確認した人にピロリ菌の検査をすることになっています。

つまり、胃カメラを行っていないと保険診療では、ピロリ菌の有無を検査することはできません。

『胃カメラをしないでピロリ菌の有無のみが知りたい!』という方は

自費になりますが血液検査で血清のピロリ抗体をチェックする事をお勧めします。

抗ピロリ抗体が陽性ならば、是非、胃カメラを受けていただきたいと思います。

なぜなら、ピロリ菌が陽性の方は、比較的壮年層の方にも胃癌を発じる事があるからです

 

  • 血清ピロリ抗体検査が陽性だったら・・

ピロリ抗体検査は血液検査で行え、簡便でよいのですが、正確でないケースが少なくありません。

よく検診で血清ピロリ抗体を測定し、『低値だけど陽性』という方がいます。

このようなケースでは、ほとんどの方にピロリ感染はありません。

 

ピロリ抗体が陽性と判断されたら、まず胃カメラを受けましょう!

胃カメラをすることで良い事は、ピロリ感染があるか否かがはっきりすると言う事です。

胃カメラで胃内を観察するとピロリ現感染性の胃炎があるか否か、判断できるケースが多いです。

(もちろん判断が難しいケースもありますが・・)

従って胃カメラをすることで、無駄に除菌薬を服用する機会を防げます。

除菌薬は抗菌薬ですから、必要なければ出来るだけ服用したくない薬です。

 

  • なぜ胃カメラが大切なのか?

ピロリ菌のチェックもピロリ菌の除菌も、すべては胃癌の予防のために行う事です。

しかし、今現在もしも胃癌が存在するのであれば、行う事は予防ではなく、胃癌の治療です。

内視鏡治療が可能な多くの早期胃癌は胃カメラをしないと指摘できません。

 

ピロリ菌保有者は比較的壮年層の方で、すでに早期の胃癌が存在する可能性があります。

ピロリ菌保有者こそ早期発見のために胃カメラをするべきなのです!

そういった面からも、胃カメラをしないで除菌をしてしまうのはリスクがあります。

胃カメラなしの除菌は保険でも認められていません。

 

しかし、どうしてもどうしても、胃カメラに抵抗がある方は自費で除菌薬を処方致します。

 胃癌の発症リスクを考えると せめて除菌だけでもした方がいいと考えます。

 

  • 3次除菌について

当院では2次除菌で除菌不成功の方に3次除菌薬の処方を行っています。

諦めずに、まずご相談ください! 

 

 

当院では、ピロリ菌に関するあらゆる相談を承っております!

お気軽にご相談ください。