採用情報

鶴見東口やはらクリニック|横浜市鶴見区の内科・胃腸内科・心療内科・内視鏡専門医

ご予約フォーム

鶴見東口やはらクリニック

鶴見東口やはらクリニック

鼻からと口からどちらがいいの?

Which...?

鼻からと口から どちらがいいの?

鼻からと口から
どちらがいいの?

鼻からと口からどちらがいいの?

この質問はよく聞かれる質問です。

口からの内視鏡検査は、適量の鎮静剤を使用して行いますから楽にできます。ウトウトと寝ている間に検査が終わってるという方がほとんどだと思います。しかし、鎮静剤を使用する分、薬が覚めるまでに休んでいただく時間が必要になります(30分-60分)。また車やバイクの運転はその日は出来ません。

鼻からの内視鏡検査は鼻腔に局所麻酔をし、極細径のスコープで鼻から挿入していきます。一番オエっとえずく舌根部分にスコープが当たらないためえずきずらくなります。いつもえずいてしまい検査がつらかったという人も苦痛なくスコープが通過できます。最近の経鼻のスコープは進歩していて、細いスコープなのですが、性能が非常に良くなっていますので、検診目的の検査であれば 精度的には太径のスコープとそん色ありません。
ただ、それでも鼻腔が狭くスコープが通らない人がいます。

鼻からの内視鏡検査は、鎮静剤を使用しない分休んでいただく時間が必要なく、『検査後に仕事に行かなければならない、運転をしなければならない』と言う方にはとてもよい検査です。
しかしオエっとえずきが起こらないとは言っても全く違和感がないわけではありません、検査中に意識があるので、多少我慢が必要になります。

口から?鼻から?

どちらのやり方でも 丁寧でやさしいスコープ操作を心がけています。

胃内視鏡検査でつらい経験のある方、また初めてで不安のある方、まずご相談ください。
あなたにとって一番良い方法を考え、提供したいと思います。

お電話での予約はこちら

お電話での予約はこちら